menu
ニュース

2014年

千葉県富津市で最大出力2.8MWのメガソーラーの建設に着手

2014年7月8日
株式会社キューコーリース
株式会社九電工
JFEエンジニアリング株式会社

 

 株式会社キューコーリース(本社:福岡県福岡市、社長:後藤 和雄)、株式会社九電工(本社:福岡県福岡市、社長:西村 松次)とJFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:狩野 久宣)は、このたび、千葉県富津市で最大出力2.8MW(2,820kW)の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設に着手しますのでお知らせします。

 3社は2013年6月に再生可能エネルギーによる発電事業を共同で推進することで業務提携し、それぞれの営業ネットワークを生かして九州地区を中心に全国各地でメガソーラーの開発を進めています。本件は、2013年12月に稼動した熊本県玉名郡での1.7MW(1,728kW)のメガソーラーに続く3社提携スキームの第2弾であり、九州地区以外における初めてのプロジェクトです。今後も、3社は再生可能エネルギーをはじめとしたエネルギー関連事業を積極的に共同展開し、地球環境保全や地域社会の発展に貢献してまいります。


■事業概要




■完成予想パース図




■安全祈願祭の様子


左より、株式会社九電工 開発営業部 大藪秀樹部長、株式会社キューコーリース 後藤和雄代表取締役社長、
JFEエンジニアリング株式会社 半澤巌取締役専務執行役員

以上

オリックス株式会社 グループ広報部        堀井・柴田 TEL.03-3435-3167
株式会社九電工 総務部広報グループ     渡辺・矢野 TEL.092-523-1691
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 小山・田中 TEL.045-505-8953