menu
ニュース

2013年

ミャンマー国建設省と鋼構造事業に関する合弁会社を設立
~ヤンゴン市に橋梁工場を建設~

2013年12月2日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:岸本純幸、本社:東京都千代田区)は、ミャンマー国建設省とインフラ建設を行う合弁会社「J&Mスチールソリューションズ」を設立し※1、新工場の建設に着手いたしました。
 なお、本年12月1日に会社設立式典と新工場の起工式が盛大に行われましたのでお知らせします。

 ミャンマー国では2011年の民主化以降、経済発展が飛躍的に進んでおり、道路・鉄道などの交通インフラや港湾ターミナルなどの物流インフラなどの整備が急務となっています。こうした中、J&Mスチールソリューションズは、2014年4月までにヤンゴン近郊のタケタ地区に生産能力1万トン/年の鋼構造製作工場を完成し、鋼製橋梁の設計・製作・架設の営業を始めます。また、この工場には当社の有する高品質の製造技術が導入されるため、鋼製橋梁の他に港湾構造物やコンテナクレーンなどの製作も可能となります。このため同社は順次、交通・物流インフラ建設全般の営業を進めてまいります。

 ミャンマー国建設省としては、今後市場の拡大が見込まれるミャンマー国内の案件をJ&Mスチールソリューションズが受注することで、これまで10%程度に過ぎなかった鋼構造物の国産化率の向上を目指します。
 一方、こうしたJ&Mスチールソリューションズの直接受注案件に加えて、当社においては、東南アジア諸国、中東、アフリカなど海外における鋼構造事業拡大のための重要な生産拠点として、同社を活用していきます。

 当社は今後も、20年にも及ぶミャンマー国との信頼関係をさらに強固なものにし、交通・物流インフラに加えて、環境・エネルギー分野でもエンジニアリングを展開し、同国の発展に貢献してまいります。

※1 2013年2月、当社とPW間で合弁会社設立の合意。その後、設立準備の諸手続きを進め、11月に事業許可を取得した。
※2 当社は1995年にヤンゴンに支店を開設。国営企業に対し大型橋梁建設の技術支援を展開。これに加え2002年より津製作所に200人以上の溶接技能研修生の受け入れ。さらには2013年からは、インフラ建設のリーダー育成も目指しヤンゴン工科大学生に対するインターン研修を開始するなど、技術提供と人材育成の両面で同国に貢献し高い信頼を得ている。


(会社概要)
・合弁相手 ミャンマー国建設省 公共事業局(Public Works)
・商号 J&M Steel Solutions Company Limited
・資本金 12億円
・出資 JFEエンジ 60% 、ミャンマー国建設省公共事業局 40%
・社長 庄司 康男
・工場概要 年間生産能力 1万㌧ 、 土地面積 約65,000㎡
・所在地 ヤンゴン市タケタ地区(中心部より約15km)
・業務内容 営業、設計、製作、架設機能を有する
・人員 210名(スタッフ30名、ワーカー180名)
※2014年4月は80~90名(ワーカー70名前後)でスタート
・商品 橋梁、港湾構造物、その他鋼構造物製品


 

■工場建設予定地

 

■12月1日に行われた会社設立記念式典
(左から)当社石井専務執行役員、岸本社長、
J&M 庄司社長、 チョー・ルイン建設大臣、
チョー・リン公共事業局総裁

■橋梁工場 完成予想図


以上

本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 ℡045-505-8953