menu
ニュース

2011年

仙台市向けの震災廃棄物焼却炉を受注
~震災廃棄物の処理を通じて、被災地復興に貢献~

2011年6月9日
JFEエンジニアリング株式会社

 

 当社は、仙台市が進める震災廃棄物処理事業における、仮設焼却プラント(キルン式90t/日)の設置業務を受注し、このたび正式契約を交わしました。本業務は、市内東部の蒲生地区に設置されるプラントの設計・建設・事業終了後の解体撤去までを請け負うものです。本年10月より破砕処理と焼却を開始する予定です。

 東北地方の沿岸被災地域では、約2,500万tと言われる大量の震災廃棄物の早期処理が焦眉の課題となっております。当社は、震災発生後いち早く仮設焼却プラントの設置を決定した仙台市からの要請に応え、迅速な廃棄物処理開始のための検討・提案を行ってまいりました。当社の廃棄物処理に関する豊富な経験とノウハウを最大限活用し、徹底的に建設工期短縮を図った提案が評価され、今回の受注となりました。

 震災廃棄物処理は、「ライフライン復旧」「仮設住宅の建設」と並び、被災地復興に向けた重点課題のひとつとなっています。当社は仙台市以外の他地域に対しても、地域事情に即した廃棄物処理提案を行い、被災地の復興にグループを挙げて協力してまいります。

※回転式の円筒型焼却炉。高水分ごみや性状変動の大きいごみの処理に適している。
幅広いごみ質に対応できることから、産廃処理施設向けに多く用いられる。

本件の概要
1.発注者 仙台市
2.件 名 蒲生搬入場内仮設焼却炉賃貸借
3.納入場所 仙台市宮城野区蒲生八郎兵
4.賃借期間 2011年10月1日~2014年3月31日
5.主要納入設備 キルン式焼却炉(90t/日)、破砕機、発電機(700kW) 重機類
6.処理対象物 廃木材、可燃性粗大ごみ、流木、廃プラなど

以上

●本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。
JFEエンジニアリング株式会社 総務部 広報室 TEL.045-505-8953