menu
海外事業

海底管(香港・特別行政区)

香港特別行政区・水務署向け海底管プロジェクト
上)コンクリート・コーティング工事の現場
下)海底管敷設工事における進水台船作業
[所在]
香港特別行政区

香港特別行政区・水務署向け海底管プロジェクト

本プロジェクトは、香港特別行政区の西九龍から西営盤ポンプステーションまで、全長2,100mの海底管、全長1,700m(九龍側)および400m(香港島側)の陸上管の敷設工事を行うものです。当社は、海底管部鋼管のコンクリート・コーティング、海底管の敷設および海底管部電気防食工事を行いました。
海底管敷設工事については海底曳航工法を採用。①九龍側に管進水台を艤装した台船を設置、②香港島側にリニア・ウィンチを設置、③掘削管路底に管曳航用ワイヤーを敷設、④進水台船上で12m管を溶接し、継手部をコーティング、⑤リニア・ウィンチでワイヤーを牽引し、管を海底曳航、⑥上記④⑤を12mピッチで繰り返して海底に管を敷設という作業工程で敷設しました。