menu
海外事業

長距離パイプラインMPP(マレーシア・マラッカ/ポートディクソン・クアラルンプール/クランバレー)

MPP(マルチプロダクトパイプライン)プロジェクト
複数の石油製品を一条のパイプラインで輸送できるマルチプロダクトパイプライン
[所在]
マレーシア マラッカ/ポートディクソン〜クアラルンプール/クランバレー
[事業主]
Petronas Dagangan/Shell Malaysia JV

MPP(マルチプロダクトパイプライン)プロジェクト

「マルチプロダクトパイプライン」とは、数種類の石油製品を1条のパイプラインで輸送する方法です。日本国内における長距離パイプラインの数は限られますが、海外では数多く建設されており、特に東南アジアでは近年、このマルチプロダクトパイプラインの建設が増加してきています。
本プロジェクトでは、マラッカのペトロナス製油所(MRPP)とポートディクソンのシェル製油所(PDPP)を発基地に、クアラルンプール国際空港(KLIA)とクランバレーの石油集配基地(KVDT)を着基地とするマルチプロダクトパイプライン(全長約130km×16)を建設し、KLIAとKVDTへのパイプライン分岐点には分岐基地を設けて、着基地の切り替えを行えるように設計・施工しました。