menu
海外事業

長距離ガスパイプラインSSWJ(インドネシア共和国・スマトラ島南部/ジャワ島西部)

SSWJプロジェクト(South Sumatra-West Java Gas Pipeline Project)
スマトラ島南部〜ジャワ島西部を結ぶ総延長約500kmのガスパイプライン
[所在]
インドネシア共和国 スマトラ島南部〜ジャワ島西部
[事業主]
インドネシアガス公社(PGN:PT.Perusahaan Gas Negara)

SSWJプロジェクト(South Sumatra-West Java Gas Pipeline Project)

インドネシア最大のガス消費地であるジャワ島西部では、これまで主に沖合ガス田からガス供給が行われていましたが、近年の埋蔵量の低下によって生産量が減少傾向にあり、供給不足が懸念されています。本プロジェクトは、当地におけるガスの安定供給を図るため、スマトラ島南部パガルデワガス田からジャワ島西部セルポンを結ぶ総延長約500kmのガスパイプラインを敷設するものです。当社は本プロジェクトにあわせて「SSWJプロジェクトチーム」発足し、スマトラ島の陸上トランクライン口径800A×延長270kmを建設しました。
施工は大型建機を縦列に並べ、掘削からパイプレイニング、溶接、検査、埋め戻しまでを連続して行なう「スプレッド工法(高速連続工法)」を採用しました。また、スマトラ島内ルートは施工場所へのアクセスなどの制約が多く、さらに下流側の約70kmは湿地帯であるため各種特殊施工も実施しました。