menu
海外事業

バイオエタノール製造(タイ)

バイオエタノール製造技術実証事業
最盛期には1日3万トンものサトウキビの受入があるという現地パートナーの砂糖工場。右は洗浄・硫酸分解などエタノール製造の前処理を行う工場設備
[所在]
タイ王国
[事業主]
NEDOおよびタイ政府(工業省)

バイオエタノール製造技術実証事業

本プロジェクトは、南アジア地区に豊富に存在するサトウキビかすなどの未利用農林残渣を原料とし、輸送用燃料などの代替となる次世代エタノール製造技術を実証するもので、月島機械株式会社殿と共同で、タイで実施しました。実証プラントは、首都バンコクの北約200kmにある現地パートナーのサラブリ工場に併設されました。
実証事業の成果等については、下記リンクをご参照下さい。


◆タイでバガスを原料とするバイオエタノール製造技術の有効性を実証
―技術面と採算面で実現可能な商業生産モデルを構築―
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100775.html